第一三共ケミカルファーマ株式会社

お問い合わせ

ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み

第一三共グループでは、ダイバーシティを国籍・性別・年齢などの属性面に加え、職種ごとに異なる専門性や考え方・価値観・ライフスタイルなども含んだ幅広い多様性と定義しています。第一三共グループすべての社員が個々の多様性を積極的に受け容れ、最大限に実力を発揮することがグローバルな事業展開やイノベーションの創出に最も重要であると考え、社員が互いを尊重しあう風土づくりに取り組んでいます。

女性活躍推進

第一三共グループでは、「人」を最重要な「資産」であると位置づけ、人材マネジメント理念に基づき社員一人ひとりの多様性を尊重することが、持続的な成長に不可欠と考えています。女性社員が長期的にキャリアを構築し、イキイキと活躍できる雇用環境の充実に向け、今般、以下の通り行動計画を定め推進します。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画(PDF)

当社では上記行動計画に基づき、①女性社員の意欲向上、②両立支援、③職場風土醸成といった課題に対し、各種研修の実施や仕事と家庭の両立支援のための制度の充実など、幅広く取り組みを進めています。

次世代育成支援

当社では次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員の仕事と子育ての両立を推進しています。
仕事と子育ての両立にあたっては、制度を利用する社員、それを取り巻く職場がお互いの立場を理解し合うことで、制度を利用しやすい環境づくりを行っています。

また多様性に対応した制度づくりとして、様々なライフスタイルや価値観を持つ社員に対応できるフレキシブルかつ多様な選択肢(制度)を提供します。男性社員の育児参画促進を積極的に行い、女性社員だけでなく男性社員も育児休暇を取得しやすい制度・環境づくりを行っています。