ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 採用情報の中の
  3. 社員を知る 山口 昂久
のページです。

社員を知る  山口 昂久

技術部 合成技術第一グループ  山口 昂久 2013年入社

入社を決めた理由

大学では生物系の学科だったので、もともと生物やバイオテクノロジーに興味がありました。医薬品なら、自分の専門分野を生かして、治りにくい病気を治すなど、人の役に立てると考え、製薬会社の研究職を中心に就職活動をしていました。入社を決めた理由は、大量にものを作れること、そして、ロキソニンなど、有名な主力製品の製造実績に、高い技術力を感じたことです。

入社後の経歴と、現在の業務内容

入社してから2年ほど、後期開発品の工場化検討と生産の立ち上げに携わりました。近い将来に主力製品となるターゲット化合物を大量生産できるよう、実験室で何度も検討を繰り返し、反応条件の精査や各種データを取得しながら、製造フローを細部まで詰めていき、最終的に工場へ技術移転を行います。現在は、治療薬になる前の治験薬原薬やその中間体の製造を行っています。実際に薬の形にするために、実験室スケールで検討を重ね、そこで作り上げた製造フローに基づいて、実際に製造を行います。

仕事のやりがい

医薬品原薬やその中間体のスケールアップに、研究から製造まで幅広く携わることができる点が魅力だと感じています。苦労して見つけてきた薬の種も、工場で大量生産できなければ、製品化することはできません。しかし、実験室で成功したこともでも、製造の段階で忠実に再現するのは簡単ではありません。とくに、安全面や環境面への配慮も必要になり、責任も大きくなりますが、難しいことだからこそやりがいがあると思っています。

この職種に求められる力とは?

化学や生物の知識、実験スキルはある程度必要です。そのほか安全面や環境面にも細かな配慮が必要になるため、危険を予知する力も求められます。さらに、工場では大きなタンクを持ち上げて中の薬品を釜に流し込んだり、ボルトを締めたりと力仕事も多く、体力も必須ですね。

会社の魅力、社風

真面目な人が多く、どんな業務にも真剣に向き合う方ばかりなので、自分も見習いたいと思っています。福利厚生が充実していることも魅力的です。とくに、社内外の講習会へ参加したり、フォークリフトや危険物取扱者など、各種資格取得に関しても会社から補助がでるなど、教育面のサポートが充実していると思います。

今後の目標、夢

先輩方は工場でどんな問題が起きやすいのか、勘どころが鋭く、勉強になることが多いです。最近は少しずつ責任のある仕事を任せてもらえるようになりましたが、もっといろいろなことを吸収して先輩方に近づきたいと思っています。さらに今後、自分が関わった薬を1つでも多く上市するのが目標です。

オフのすごし方

旅行が好きなので、休みの日は四国や山陰地方など全国あちこち足を延ばします。冬は友人とスノーボードを楽しむことも。休みが取りやすいという点でもとても働きやすい環境だと感じています。

学生の皆さんへのメッセージ
将来何が役に立つかわからないので、学生のうちは、とにかくいろいろなことにチャレンジしてください。会社は本当によい方ばかりです。実際に世の中に出る薬はほんのひと握りなので、苦労が必ずしも報われるとは限りません。しかし、だからこそ上手くいったときの達成感は大きいはずです。ぜひ一緒に試行錯誤し、新薬を世に送り出しましょう!
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。