ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 採用情報の中の
  3. 社員を知る  陶山正樹
のページです。

社員を知る  陶山正樹

技術部 合成技術第一グループ 一般社員 陶山 正樹 2013年入社

入社を決めた理由

学生時代、親族が病気になりたくさんの薬を常用しているのを見て、自分も薬で身近な人を助けたいと思ったのが、医薬品に興味を持ったきっかけです。大学院では有機合成の研究室で、生理活性化合物の合成に携わりました。このとき、小スケールから大スケールへのスケールアップの難しさを痛感。さらにそこにやりがいを感じたことが動機づけとなり、実験レベルから、工場レベルへスケールアップするためのプロセス化学を学べるこの会社に入社しようと考えました。

入社後の経歴と、現在の業務内容

現在の業務は、薬の後期開発品の工業化製法検討と、治験薬の製造をすることです。後期開発品を実際に工場で大量生産できるよう、検討を重ねて、その製造プロセスを開発しています。例えば、薬剤を実生産する工場の設備に適用させるための工夫や、原価を下げるためより安価な試薬が使えるかなどの検討を行います。その他、作業工程を効率化するために仕込み順序の変更をしたり、有機不純物を少なくするための手法を考えるなど、さまざまな検討を繰り返します。

仕事のやりがい

実験室で何度も検討を重ねたものが、工場レベルの製造で成功した時には大きな達成感を感じます。またその達成感をチームで共有できることもやりがいにつながっていますね。製薬会社に勤めていてもなかなか携わることが難しいとされる「後期開発品」の生産立ち上げに若いころから携わることができ、しかも世の中に出て実用化していくことを見守ることができることはこの会社のメリットだと思っています。

この職種に求められる力とは?

実験段階では気にならないようなレベルの誤差や有害ガスも、工場で大量生産するときには大事故につながります。そういう意味ではさまざまな工程で細かな配慮が必要とされるので、洞察力や正確な判断力が求められます。また、チームで活動するため、意思疎通のためのコミュニケーション力や情報発信力も必要になります。

会社の魅力、社風

経験が浅くても自分の意見を言いやすく、重要な仕事を任せてもらえるところがこの会社の好きなところです。また、医薬品の製法の最終段階に携わっていることもあり、責任感が強い人が多いですね。チャレンジ精神が旺盛で、エネルギッシュな人が多いので刺激になります。

今後の目標、夢

今後は有機化学やプロセス化学、化学工学の他、工場の設備関係の知識等、多くのことを学んで経験を積み、さまざまな分野で必要とされるマルチプレイヤーになることが目標です。

オフのすごし方

休日は湘南の海岸をランニングしたり、地域のバレーサークルに参加するなど、汗を流してリフレッシュしています。映画も好きなので、レイトショーを見に行くこともありますよ。

学生の皆さんへのメッセージ
実験室での製法検討から工場での製造まで経験できるのは、この会社ならではの魅力です。会社の中でもその存在価値は大きく、やりがいを感じています。会社での仕事は学生のときには経験できなかったことばかりですが、先輩たちが根気強く教えてくれます。会社では、さまざまな人とコミュニケーションをとる必要があるので、自分の考えをわかりやすく伝えるスキルを磨いておくと、入社後に役に立ちますよ。
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。